そろそろ就職や進級の季節ですよね。
それを機に新しいノートパソコンを購入される事もあるのではないでしょうか。もしかしたら初めて自分専用のノートパソコンを持つ場合もあるかもしれません。
 ノートパソコンを持つ、使うにあたって一番気をつけて欲しいのは、安全な環境で使って欲しいということですよね。安全な環境と言うと何のことだろうと首を傾げる方もおられるかもしれません。
ノートパソコンを使う環境での安全性は、一言で言えば悪質なウィルスソフトに侵入されない環境という事ですよね。 近ごろニュースなどでも取り上げられご存知の方もいると思いますが、無実な人がネット犯罪の加害者として警察に逮捕された事件も、使っていたノートパソコンに悪質なソフトが侵入した事が要因ですよね。
 そのような事態を招かない為にも、ノートパソコンを使う前には必ずセキュリティソフトをインストールして、悪質なソフトウエアの侵入を防ぐ必要があります。
 中にはネットには繋がず、書類や計算をするだけだから、わざわざ高額な更新料が必要なセキュリティソフトは使わないと言う方も時にはいらっしゃいます。
 しかし、悪質なウィルスソフトは意外な形で無防備なノートパソコンに侵入します。
データを記憶させるUSBなどを介して、ネットに繋がっているにも関わらずセキュリティソフトをインストールしていないノートパソコンとデータのやり取りをしていたりしたら、いつの間にかウィルスに侵入されていた、という事にも成りかねません。大事なデータが勝手に消去されたり、最悪な場合はノートパソコンそのものが起動しなくなることもあります。
そうなったら、とーってもタイヘンなことになります。
 以上のことから、ノートパソコンを使うならセキュリティソフトは絶対必要なのですよね。